FC2ブログ




皆さま、こんにちは☆

膣イキできる女性とそうでない女性は何が違うのでしょうか。

膣イキについて、女性の身体・心・脳がどのように関わっているかを詳しく分析すると、それぞれの女性の特徴が見えてきます。

その特徴を比較分析し、膣イキできない原因を解決すれば、膣イキできない女性も膣イキできるようになります。

それぞれの詳しい特徴については別の章で解説しますので、まずは両者の大きな違いについてみていきましょう。


さて、膣イキできる女性は、膣イキするための特徴(条件)をほとんど持っています。

それは、性に関して恵まれた身体と心を持っていると言えます。

何故なら、膣イキできる女性は、欧米の調査(2007年)で35%に満たない、と言われているからです。

私の経験で恐縮ですが、日本女性は35%よりはるかに少ないのではないかと推察しています。


というのも、膣イキしたことがあるという女性の多くが、実際は膣イキではなかったからです。

多くは、これまでになく気持ちよかったことを膣イキしたと勘違いしていました。

本当の膣イキは、少なくとも5秒から10秒の絶頂感が続き、体に緊張がおき(下腹部に痙攣が数回以上)、

その後、軽く意識が遠のきながら身体が弛緩(弛んで)していく現象のことです。

これを明確な絶頂(幼稚園絶頂)と呼んでいますが、このような絶頂を味わっていた女性はほとんどいなかったのです。


いずれにしても膣イキできる女性は、かなり少数派だと思われます。

しかも、一口に膣イキと言っても、私の現状の定義では、レベル1から7まで開きがあります(幼稚園絶頂はレベル2)。

今の膣イキのレベルがどのあたりかを知ったら、膣イキできたと思っている女性の多くが愕然とされるかもしれません。

身体を開発すると、膣は驚くほど成熟し、それによってオーガズムの快感度ははるかに高まっていきます。


☆☆☆


続きはまた次回(^-^)/

三連休も最終日になりましたね。

素敵な夜を過ごしくださいね☆彡

~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
詳しくは、カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に記載しております。
電子書籍版は体系的に章立てし直して読みやすく編纂し、新たな情報を加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。

 2017_09_18




皆さま、こんにちは☆

『身体』を膣、『脳』を性的興奮と定義すれば、『心』は何を指すのでしょうか。

それは、【感情】です。

これについてはあとで詳しく解説します。


男性は、身体と脳がほぼ同時に刺激を受けると射精することができます。

もちろん、心があればもっと気持ちいい射精感を味わえるでしょう。

ところが、女性が膣イキするには、『心』は必須条件になります。

これが性に関して女性と男性の大きな違いと言えるでしょう。


膣イキには『心』が大きな城壁になって立ちはだかっています。

この壁を打ち破ることができれば、身体の快感はすべて『脳』へ伝わります。

壁を打ち破るには、理性から解き放つ『自己解放』をしてもらわなければなりません。

自己解放の仕方は、感情と深く関わっていますので、のちほど詳しく解説します。


さて、これで、ようやくオーガズムが訪れるかというと、そう甘くはありません。

未開発の膣は、史上最大の攻城戦です。


最後の城壁は『脳』です。

(本質的には『心』なのですが、例えをわかりやすくするため『脳』にします)

『脳』が膣イキの絶頂感を受け入れることができれば、誰もが膣イキ(中イキ)できるようになります。

ところが、せっかく身体が開発されて感じるようになり、心が開発されて自己解放できるようになったのに、

多くの女性はここで立ち止まってしまいます。

それは膣イキの凄まじい絶頂快感によって、自分がどうにかなってしまいそうな恐怖感を覚えるからです。

膣イキを経験したい女性にとって、膣イキを経験させたい男性にとって、これは最後の大きな壁になります。


このように、未開発の膣には、『身体』という外壁、『心』という内壁、『脳』という『奥壁』があり、

それらを一つずつ乗り越えていった先に、膣イキがあるのです。


女性の膣は本当に手強く、神秘的ですね。

だからこそ、男としては燃えますし、遣り甲斐を感じます。

女性の身体の開発は、ゲームと同じように面白いです。

攻略したときの達成感と満足感は、最難関のゲーム攻略と似ています。


☆☆☆


続きはまた次回(^-^)/

三連休も中日になりましたね。

素敵な夜を☆彡

~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
詳しくは、カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に記載しております。
電子書籍版は体系的に章立てし直して読みやすく編纂し、新たな情報を加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。


 2017_09_17




皆さま、こんにちは☆

男性は、脳が性的興奮を覚えるとペニスが勃起します。

ペニスへの摩擦が精子を精管へと上昇させ、前立腺を通過することで絶頂感を覚えながら尿道から射精します。

10代、20代の若いペニスは元気で、勃起したペニスを摩擦するとすぐに射精します。

そのため、青年男性は早漏が多いのです。


ところが、30代、40代になるとペニスの摩擦だけではなかなか射精できなくなります。

すると男性はもっと性的興奮を覚えようとします。

女性にセクシーな下着を着けさせたり、両脚を広げ秘部を舐めたりすることで性的興奮が高まります。

そのため、中年男性は前戯が多く、遅漏が多いのです。


いずれにしても、”イク”ということに関しては、男性は女性よりはるかに仕組みがシンプルと言えます。

基本的に、男性は女性の裸をみて性的興奮を覚え、ペニスを摩擦するほどイキやすくなることに変わりはありません。

それだけに男性は膣も擦れば擦るほどイク、と思い込んでいる人が多いです。


ですが、未開発の膣はそう単純ではありません。

確かに、膣開発すると格段に感度が上がり、物凄く濡れるようになります。

性交痛もなくなり、これまでにない快感を覚え、あと少しでイケるかも、という状態まで訪れます。

ところが、そこから先、どんなに膣を擦っても、なかなかイクことができない女性が多いのです。

これは何故なのでしょうか?

女性は心で感じて初めて膣イキできるからです。


男性は、基本的に『身体』と『脳』で感じて射精できます。

ですが、女性は『身体』と『脳』に加え、『心』で感じて初めてオーガズム(絶頂)を得られます。

男性がこの違いを理解していないと、未開発の女性の膣をオーガズムへ導けることはありません。

女性の心を感じるようにすることが”膣イキ(中イキ)”のキーワードなのです。


☆☆☆


続きはまた次回(^-^)/

素敵な三連休を☆彡


~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
詳しくは、カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に記載しております。
電子書籍版は体系的に章立てし直して読みやすく編纂し、新たな情報を加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。


 2017_09_16




皆さま、こんにちは☆

膣でイッてみたい、膣でもっと深く感じたい、という女性は驚くほど多いです。

にもかかわらず、膣についての知識不足を感じます。

男性はとくにそうですね。


そもそも、日本では膣について真っ正面から取り組む医学者はほとんどいません。

性欲は人間の三大欲求の一つであるにもかかわらず、日本ではそれに関する研究はほとんどありません。

そんな研究をしたところで社会的に低く見られ、地位や名声を得ることができません。

日本では『性=風俗、隠すべきもの、はしたない』などと刷り込まれているからかもしれませんね。

ですが、性の営みは人間にとって、とても重要なファクターです。

人生のスパイスになり、癒しになり、充電になります。

美容と健康と若さまで手に入れられるのですから、女性にとって真っ先に解明してほしい学問だと思います。


それはともかく、女性の皆さまは膣に対してどのような思いを抱いておられるでしょうか?

可愛いと感じているなら、いずれ膣イキができるようになります。

もし、『怖い、気持ち悪い、汚い』などと感じているなら、膣イキできることはないでしょう。

膣の中に自分の指を入れられない女性は、膣を怖い、または気持ち悪いと思っており、膣イキできないケースが多いです。


人間の身体は、約50兆個の細胞で出来ていますが、それぞれに知性を持っており、我々を親(または神様)と思っています。

これは『引き寄せの法則』から閃きを得た私の直観です。

子供(細胞)は親(我々)の言うことは何でも聞きます。

親が喜んでくれると細胞は嬉しくてどんどん活性化し元気になります。

そんな親子関係に、もし『あなたは気持ち悪い子ね、怖いわ!』などと子供に言ったら、子供は悲しくて死にたいと思うでしょう。


細胞も同じで、我々がそう思っていると活動が低下し、病気にかかりやすくなります。

さらに続くと、いずれ細胞はグレて親の言うことを聞かなくなります。

それがガンの発症です。

実際、膣に対してそう思っている女性は、婦人科系疾患になった女性が多いです。


膣を自分の娘だと思い、自分の指を入れられるようになりましょう。

膣は決して怖くはありません。

膣は決して気持ち悪くありません。

膣はとても可愛くて、貴女に最高の悦びをもたらしてくれる唯一の器官です。

貴女は膣に指を入れられますか?


☆☆☆


続きはまた次回(^-^)/

素敵な日曜の夜を☆彡


~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
詳しくは、カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に記載しております。
電子書籍版は体系的に章立てし直して読みやすく編纂し、新たな情報を加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。


 2017_09_10




皆さま、こんばんは☆

膣は筋肉と粘膜で出来ており、粘膜が潤滑油の役割を果たしています。

そのため、たくさん擦っても膣壁の細胞が破れることはまずありません。

膣は摩擦に強く、感度を上げやすく、痛みが出にくい器官と言えます。

そのため、擦るほど感度が上がり、膣は気持ちいいと脳が記憶していきます。

これを上手に繰り返していくと、膣の感度を段階的に上げていくことができます。


一方、何歳になっても膣の痛みを感じる女性がいます。

それは、膣の気持ち良さをほとんど経験してこなかったからだと思われます。

快感より痛い、または怖いという辛い経験が多かったのでしょう。

お相手が悪かったのかもしれませんし、痛みを捉えやすい体質なのかもしれません…


膣は体の内部にあります。

それが精神的な恐怖感を女性にもたらします。

産まれてからずっと外界にさらされ刺激を受けてきた皮膚は、これくらいまでなら擦られても大丈夫、

これ以上は痛い、という経験値を蓄積してきますが、膣は初体験で初めて刺激を受けます。

しかも、膣は体の中にありますので、恐怖心が痛みを倍増させます。


例えば、真っ暗な森を恐る恐る歩いていると、枝がちょっと顔に触れただけで「痛っ!」と感じて跳ね飛びますね。

未体験のもの、未知のものは誰もが怖いです。

怖いから触感が鋭くなり、警戒するから痛みを捉えやすくなります。

膣も同じです。

一度でも膣が痛いと思ってしまうと、快感より先に痛みを捉えようとします。


痛みをなるべく出さずに気持ち良さを感じてもらいながら膣マッサージすると、処女の方も膣に痛みを感じる方も、すぐに感じるようにしていくことができます。

膣の感度を上げるというのは、脳に気持ち良さを与え続けながら、精神的に「安心感や受け入れる気持ち」を生じさせる作業、と言えます。

膣マッサージはテクニックも重要ですが、女性の心と同調しながら慈愛を注ぎ、女性を癒したい、という気持ちがもっとも大切です。

それが効果的な膣マッサージのコツです。


☆☆☆


続きはまた次回(^-^)/

素敵な夜を☆彡


~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
詳しくは、カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に記載しております。
電子書籍版は体系的に章立てし直して読みやすく編纂し、新たな情報を加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。


 2017_09_08




皆さま、こんばんは☆

たった数時間、膣マッサージするだけで、膣の全方位で感度を上げることができます。

膣には前立腺のような快感を捉える部位があるのかさえわかっていないのに、膣マッサージするとなぜすぐに感じるようになるのでしょう。

これは脳と神経が深く関わっており、それを上手に活用することで膣の感度を上げられるからです。

もちろん私は医学には素人ですので論外と言われるかもしれません。

ただ、これまで蓄積してきた経験値をもとに考察したいと思います。


まず、皮膚(肌)と膣を比べてみます。

乾燥肌や湿疹ができた皮膚は、熱いお風呂に入ると、患部がものすごく痒くなります。

掻けば掻くほど快感を覚えますので、なかなかやめられません。

その挙句、血が出るほど掻きむしってしまい痛くなります。

そういう経験をされた方も多いのではないでしょうか。


健常な皮膚でも、何十回も掻くと同じ現象が起きます。

次第に熱くなり、ジンジンしてきて、むず痒くなります。

さらに掻くと痛みを覚えます。

ジンジンするのも、痒くなるのも、痛みを覚えるのも、ある意味、感度が上がったと言えます。


これは皮膚を掻くと、周辺の神経が活発になって触感度が上がり、さらに掻くとミクロレベルでは肌細胞が破れて脳が痛みとして捉えるからではないかと思います。

皮膚の場合は、肌細胞を破るまで掻いてしまうと、快感を超えて痛みを覚えるようになります。

もしも痛みが出なかったら…、

掻きむしる快感を忘れられず、人間の皮膚はボロボロになってしまうでしょうね。

ですが、掻きむしったら痛いと脳が記憶するため、もう肌を掻きむしろうとは思いません。

それでもまた掻きむしって後悔する人もいると思いますが(…私)。


では、膣の場合はどうでしょうか。


☆☆☆


続きはまた次回(^-^)/

素敵な夜を☆彡


~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
詳しくは、カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に記載しております。
電子書籍版は体系的に章立てし直して読みやすく編纂し、新たな情報を加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。


 2017_09_07




皆さま、こんばんは☆

膣はとても謎めいています。

膣について知れば知るほど奥深く、神秘さを感じます。

膣に手を当てたまま数分間じっとしていると、沈黙していた膣が脈動し、吐息をもらします。

膣内が蠢いているのでしょう。

指先に熱い息がかかるのを感じます。

やがて膣口から涎のようにひとしずくの愛液が滲み出し、指先を濡らします。

どこも愛撫していないのに…

この現象はすべての女性で現れます。


ところが当の本人は膣が蠢いていることさえ知りません。

手のひらで膣を覆われていることしかわからないようです。

当人の自覚なく、膣は勝手に感じて濡れるのですから、まるで別の生き物のようです。


この不思議な膣という生き物について、少々考察しておきたいと思います。

効率的に膣トレするには、膣についてよく知る必要がありますから。


膣は、男性の前立腺のように快感を捉える部位があるのか医学的にもよくわかっていないようです。

ところが、たった数時間膣マッサージするだけで、膣の全方位で感度が上がります。

全方位、つまり膣の中はあらゆるところが感じるようになります。

しかも、場所によって快感が違うという特徴があります。

ちなみに、その場所をGスポット(3カ所)、Pスポット(3カ所)、Sスポット(2カ所)で表しています。

この8カ所のオーガズムスポット(イケる場所=絶頂する場所)は、膣マッサージすれば誰もがすぐにわかるようになります。

快感の違いもわかるようになります。


前立腺のような快感を捉える部位があるのかさえわかっていないのに、膣はなぜこのようにすぐに感じるようになるのでしょう。


☆☆☆


続きはまた次回(^-^)/

素敵な夜を☆彡

~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
詳しくは、カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に記載しております。
電子書籍版は体系的に章立てし直して読みやすく編纂し、新たな情報を加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。


 2017_09_04




メールフォームの転送不良により、2017年2月から8月までのメールが届いていないことが判明しました。

メールフォームにて、ご相談メールを送って頂いていた方には大変申し訳ないことをしました。

心よりお詫び申し上げます。
申し訳ございませんでした。

現在はメールフォームが正常に動作するようになっております。

なお、コメント欄はこれまで通り、正常動作しますので、ご利用いただければと思います。
(コメントはプライバシー保護のため、送信ボタンを押してもブログには表示されないようにしていますが、
 送信ボタンを一度押せば、こちらには届きますので、安心してお使いください)

 2017_09_04




皆さま、お久しぶりです。

今日から、新テーマ『チツイキレシピ』を始めます。

これまで大勢の女性を施術してきた経験値と、それによって得られた膨大な知識をもとに改めて考察してみたいと思います。

概要は、

・不思議な膣という生き物

・膣イキできる女性と、そうでない女性の違い

・膣イキするために必要な要件

・身体の開発の仕方

 ・男性が行う膣マッサージの仕方

 ・女性が行う一人膣トレの仕方

・心の開発の仕方

 ・精神的ガードの外し方

 ・恐怖感の乗り越え方

・開発による膣の成長と変化

・性を楽しみながらチツトレする方法

・代表的なチツトレレシピ

などです。


これらは、性に悩んでいらっしゃる女性にとって、最も知りたいことだと思います。

また、奥様や彼女に本当の絶頂感を味わってもらいたいと思ってらっしゃる男性にとっても知りたいことでしょう。

うまくまとめられるかわかりませんが、ブログですので徒然なるままに書き下ろしていきたいと思います。

話が飛んだり、前後するかもしれませんがご容赦ください。

またいつか読みやすく編集して電子書籍を出せればと思っております。

読者の皆さま、今日からまたよろしくお願い致します。


☆☆☆


続きはまた次回(^-^)/

素敵な夜を☆彡

~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
詳しくは、カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に記載しております。
電子書籍版は体系的に章立てし直して読みやすく編纂し、新たな情報を加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。

 2017_09_03




皆さま、こんばんは☆

さて、これまで電マを使用して起きるオーガズムの数々をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

電マでイクようになると通常のセックスがあまり感じなくなる、と心配される方もいらっしゃるようですが、そんなことはありません。

きちんとした使い方をすれば、感度は数段から数十倍に上がり、セックスでもはるかにイキやすくなります。

要は、電マの使い方次第と言えます。


女性の身体は快感の宝庫です。

感じないところはないと言っても過言ではありません。

女体の快感探しをするのは男性の役割だと思いますし、男の探求心をくすぐられるものです。

探検には”七つ道具”が必要ですね。

女体探検の”七つ道具”は、例えば『指、唇、舌、ペニスに加えて、電マ、ディルド、ロータ』が挙げられると思います。

これらはそれぞれ刺激に差がありますので、上手に使えば”摩擦”、”圧迫”、”振動”という3つの刺激を自在に操ることができます。

そうすることで女体に隠された25カ所の秘宝(オーガズムスポット)を見つけることができます。


身体の開発は最高の前戯です。

毎回、身体を開発してから彼女とセックスすれば、開発の進捗度合いを確かめることができます。

今日は前回よりもよく締まるようになった、数段感じるようになった、今まで痛がっていたところが感じるようになった、初めて膣イキできるスポットが見つかった、など様々な悦びがもたらされるでしょう。

開発を極め、すべての秘宝を見つけた時、それからのセックスはこれまでとは比べ物にならないはるかに気持ちいいものに変わります。


日本男性は仕事が忙しく、気力体力を奪われてセックスする気が起きない人が多いようですが、

性の楽しみは恋人や夫婦間の関係をよくするだけでなく、男の自信を取り戻し、仕事や健康に良い影響をもたらしてくれます。

男性にとって身体の開発は、体力と健康づくりにもなります。

女性にとって身体の開発は、一生の財産になります。

磨き抜かれた体で、女の性を生涯味わうことができるのですから女冥利に尽きると思います。


さて、明日からは筆を置き、ブログを少々お休みさせて頂きたいと思います。

その間は、新テーマ『膣トレレシピ』について、これまでの経験を踏まえて考察してみたいと思っております。

例えば、

・膣イキできる女性とそうでない女性にはどんな違いがあるのか

・膣イキするにはどうすればいいのか

など、性に悩んでいらっしゃる女性にとって、最も知りたいことだと思います。

膨大に蓄えた経験値や情報を『膣トレレシピ』としてうまくまとめられるといいのですが…

読者の皆さま、ぜひこれからも応援してくださいね。


それではまた(^o^)//

本日まで読んで頂いた皆さま、本当にありがとうございましたm(_ _)m

~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
詳しくは、カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に記載しております。
電子書籍版は体系的に章立てし直して読みやすく編纂し、新たな情報を加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。


 2017_08_29




08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

施術を受けたい方、性の悩みやご相談がある方はご連絡ください。 個人情報は秘密厳守しますのでご安心ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ジン

Author:ジン
ご訪問ありがとうございます。
オーガズムエステは女性の身体を開発してオーガズムを体得してもらい、美容・痩身・精神安定・色気・ダイエット・バストアップ・アンチエイジングを行う施術です。
詳しい内容は、「目次」欄から『オーガズムエステとは』をご覧ください。
施術を受けたい方は、ブログ記事の下部にある「Comments」をクリックして、お名前、タイトル、メールアドレスを記入し、コメント本文に性別、年齢、都道府県、相談内容を記して「送信」ボタンを押してください。
コメントは「管理者にだけ表示を許可する」をチェックすれば、他の方に見られることはありません。
個人情報は秘密厳守しますのでご安心ください。
また、ブログ記事のトップにあるメールフォームもご利用できます。
コメントと同じように内容を記載して頂き、確認ボタンを押し、次の画面で送信ボタンを押してください。
折り返し、ご連絡致します。

目次

ブログランキングリンク


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 性の悩みへ
にほんブログ村
にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.