FC2ブログ


皆さま、こんにちは☆

今日から三連休ですね。

スキーや温泉に行かれる方も多いと思いますが、気をつけて行って来てくださいね。


さて、今の状態を再確認しましょう。

女性はうつ伏せのまま右膝だけ曲げ、左足を伸ばしています。

貴男は女性の左足をまたいで膝立ちし、右手を膣に挿し入れています。

右手のセットポジションは、親指をお尻の割れ目の右壁に沿わせ、人差し指を女性の右臀部に当てます。

こうすると中指&薬指が膣のP2スポット(女性から見て膣の右下隅)に当たります。

また、小指はクリ横の大陰唇に這わせておきます。


では、P2スポット(女性から見て膣の右下隅)を揉んでいきましょう。

揉み方は、親指と人差し指で臀部を挟み揉みながら、中指&薬指でP2スポットを圧迫し、小指で大陰唇を圧迫します。

基本的には、すべての指を曲げていくと上記のような揉み方になります。

数秒間に一回くらいのゆっくりしたテンポで10回ほど優しく揉みましょう。

P2スポットを圧迫すると、膣内部から右仙骨を刺激できますので、これまで感じたことのない心地いい快感が女性を包み込みます。

まずはじっくりと揉み解して、彼女にこの快感を感じ続けてもらいましょう。

空いている左手は、彼女の背中や脇腹を優しく撫でてあげてくださいね。


次は、親指を少しずらしてお尻の割れ目に這わせます。

こうすると中指&薬指がPスポット(膣の直腸側)に当たります。

小指はちょうどクリの真上に位置します。

Pスポットの揉み方は、親指と中指&薬指で行います。

親指はお尻の割れ目を押し、中指&薬指でPスポットを押しながら、間の肉を挟み揉みします。

同時に小指でクリをタッチしてください。

数秒間に一回くらいのゆっくりしたテンポで10回ほど優しく揉みます。


次に、指をスライドさせてPスポットを擦っていきます。

中指&薬指を膣壁に沿って膣奥まで挿し込んでください。

そして親指と、中指&薬指で、間の肉を挟みながら右手を引き出していきます。

中指&薬指が膣から抜けない程度まで引き出したら、今度は右手を膣に押し込んでいきます。

親指はお尻の割れ目を擦り上げ、中指&薬指はPスポットを奥まで擦って挿しこんでいきます。

これも数秒間に一回くらいのゆっくりしたテンポで10回ほど優しくピストンします。


最後に、P1スポット(女性から見て膣の左下隅)の押し揉みをします。

女性の姿勢はそのままで、親指と人差し指の中央にお尻の割れ目が来るように右手を少し左にずらせば、中指&薬指がP1スポットに当たります。

また、小指はクリ横の大陰唇に当たります。

P1スポットの揉み方は、親指と中指&薬指で間の肉を挟み揉みすればP2スポットを圧迫できます。

同時に、小指で大陰唇を圧迫してください。

基本的にはすべての指を曲げていくと上記のような揉み方になります。

数秒間に一回くらいのゆっくりしたテンポで10回ほど優しく揉みます。

P1スポットを圧迫すると、膣内部から左仙骨を刺激しますので、心地いい快感が女性を包み込みます。


さて、ここまでの説明で伝わりましたでしょうか?

文章にすると複雑に思われがちですが、実際にすると『あっ、そういうことか』と意外に簡単に思って頂けると思います。

この膣マッサージ法は、親指と人差し指と小指が膣の外側を担当、中指と薬指が膣の中を担当しますので、

膣の周辺を満遍なく揉み解すことができるため、膣開発を初めて行うときには効果的な方法です。

最初からグリグリ、ゴシゴシと膣を擦ると、女性に痛い、苦しいという感覚を植え付けてしまい、

膣開発が困難になったり諦めたりしがちですが、この方法なら男女とも楽しみながら膣開発することができます。

もし、女性が痛がらなければ10回と言わず何十回揉んでも結構ですし、膣に指を入れたまま動かさずに乳首などを愛撫しても結構です。

ともかく、じっくりと楽しみながら行ってくださいね。

二人ともお酒が飲めるのでしたら、ほろ酔い気分になりながらマッサージを楽しむように、膣マッサージしましょう。


さて、次回はPエリア全体の摩擦マッサージをして、感度をさらに引き上げていきましょう。


☆☆☆


続きはまた次回(^-^)/

素敵な三連休を☆彡

~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
詳しくは、カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に記載しております。
電子書籍版は体系的に章立てし直して読みやすく編纂し、新たな情報を加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。
関連記事
ジン
Posted byジン

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply